エンパイアドレス・エンパイアラインとは

最近では、マタニティーでも仕事を続ける事が当然になってきましたし、マタニティーでもいろいろな行事に参加できるようなドレスなども豊富にラインナップされているので、「マタニティだから仕方ない・・・」とあきらめなくてもよくなりました。マタニティーの方のためのドレスは“マタニティードレス”とも呼ばれていて、エンパイアドレスが主流になっています。妊娠初期の頃にはまだお腹が目立ちませんから、プリンセスラインやAラインなどのドレスでもOKなのですが、妊娠後期になると、どのドレスもお腹が入らなくなってしまいますよね。

エンパイアドレスは、ウエスト部分が胸のちょうど下あたりに設定されているので、お腹を締め付けないという特徴があります。お腹の大きさを気にせず、快適にお洒落を楽しむことができるのでマタニティの方には嬉しいですね。

“エンパイア‐ウエスト【empire waist】=ウエストラインの一種。19世紀初頭のナポレオン帝政時代に流行したもので、きわめて高い位置で絞り、そこからフレアーさせるもの。”

エンパイアドレスはもちろん、マタニティでなくても着る事ができます。ギリシャ彫刻の女神のようなシルエットを演出することができるので、神聖な美しさをかもし出すことができるドレスでもあります。どのような体型の方にも似合うドレスとしても知られています。エンパイアドレスはハイウエストなので、胸が小さい方にもぜひお勧めです。バストアップ!胸が大きく見える効果があるのです。胸の開きもドレスによっていろいろ異なりますから、グラマラスな体型の方は胸が広く開いたドレスを選択してもOKですし、胸が小さな方はそうでないパーティードレスを選択することもできます。