ブラックタイのドレスコード

“ブラックタイ”というドレスコードは、ドレスコードの中でも最強、いえ、最高級の格式を表しているドレスコードです。普段のパーティーではめったにブラックタイのドレスコードが指定される事はありませんが、首相官邸などで行われるパーティーや、舞踏会と呼ばれるようなタイプのパーティーでは、ブラックタイというドレスコードで行われています。

ドレスコードがブラックタイの場合には、クローゼットの中に眠っている服やアクセサリーはほとんど役に立たないと考えたほうが良いかもしれません。なぜなら、ブラックタイでは、男性はタキシードに蝶ネクタイ。女性はイブニングドレスという、おとぎ話の中に出てくるプリンセスのようなドレスを着ます。イブニングドレスの場合には、ツーピースやスリーピースではなく、ロングのドレスとなります。胸元が大きく開いているドレスもあるように、露出が多いタイプのドレスももちろんあります。イブニングドレスを選ぶ際には、ネットショッピングなどで購入すると格安でゲットできてお得なのですが、できれば実際に試着をして、自分の体型に合うかどうかをチェックできる事が理想的です。

イブニングドレスは、着る機会の多い方は、1着ぐらいは持っていても良いかもしれませんね。ほとんど着る機会がない方は、アクセサリーなどもまとめてレンタルすることもできるようです。イブニングドレスにもいろいろな形や種類があり、それぞれに特徴があるのですが、イブニングドレスについては機会があればご説明しましょう。