ドレスコード(平服)

ドレスコードの中でも勘違いしやすいコードが「平服」かもしれません。
結婚式や結婚披露宴などの招待状に「平服」とされている場合も多いのですが、とても迷ってしまうドレスコードとしても知られています。ドレスコードの「平服」は、決して普段着と言う意味での「平服」ではありませんから、間違えないようにしましょう。平服を普段着と勘違いしてジーンズやサンダルなどで行ってしまったら、大変な事になってしまいます。パーティに参加するのですから、普段着はNGですよ。

ドレスコードの「平服」は、タキシードなどを着用する「正礼装」に対しての略礼装、という意味の「平服」です。フォーマルのドレスを着る必要はありませんが、流行に左右されないタイプのワンピースやスーツなどを着るようにしましょう。昼間のパーティーでは、なるべく肌の露出は避けて、ノースリーブなどの場合にはTPOに合わせてショールやボレロを羽織る事ができるように準備しておくのも良いでしょう。ドレスを購入する時にショールやアクセサリーなども考えながら購入すると良いですね。

夜のパーティーなら、ワンピースでも胸元が広く開いているワンピースなどもOKです。アクセサリーなどで少し華やかに飾るのも、夜ならではのお洒落と言えるでしょう。ゴールドやプラチナ、ジュエリーなどでお洒落を楽しむこともできます。服というドレスコードでも、昼と夜とでは選択するワンピースが異なります。パーティードレスの中では使用頻度がわりと高いアイテムだと思いますから、クローゼットに数着は入れておいて臨機応変に対応したいものですね。