ドレスコードについて

パーティーの招待状を受け取ったりすると、ドレスコードが指定されている場合がありますね。ドレスコードと書かれていると、どうしよう?なんて不安になりませんか? ドレスコードとは何なのでしょう?ドレスコードとは日本語では『服装規定』という意味で、パーティーなどで周囲の人への配慮やエチケットとして、指定のドレスコード(ファッション)でパーティーに参加することが必要なのです。

例えばハワイをイメージしたハワイアンパーティーを主催する場合などには、【ドレスコード:ハワイアン】のように記載される場合もあるようです。なんだか楽しいパーティーの予感がしてきますね!! ドレスコードは、パーティの雰囲気を盛上げる事にも一役買っているということです。

ドレスコードは、パーティーだけでなく高級レストランやクルーズ客船などでも登場します。
高級レストランなどでは、「短パン」「ビーチサンダル」「ノーネクタイ」などを禁止している所もありますし、高級ブティックなどでも、「カジュアルお断り」というショップもありますね。

ドレスコードの中でも、冠婚葬祭におけるドレスコードは、私達の生活の中にもシッカリと根付いています。例えば礼服・喪服などのブラックフォーマル。意識せずにドレスコードに従っている場合も、意外と少なくないようです。また、ドレスコードが規定されている場合には、そのドレスコードに応じてアクセサリーや化粧、着こなし方や靴などにも気を配る必要があります。