カジュアルエレガンスのドレスコード!服装の選び方と注意したいこと。

ドレスコードの一つでもある「カジュアルエレガンス」は、ホテルやレストランに食事に行く時によく耳にするドレスコードとしても知られています。リッツカールトンのディナーもドレスコードはカジュアルエレガンスとなっています。

カジュアルエレガンスは、イメージ的には「交際している彼の両親に初めて会うときの服装」といったら、なんとなく想像できるのではないでしょうか。サンダルやジーンズなどは避けて、スーツやワンピース、膝丈より長いスカートをはくか、もしくはチノパンなどの、少しドレッシーなパンツをはくか、イメージ的にはそういった感じです。露出は避けましょう。ノースリーブが必ずNGというわけではありませんが、セクシーになりすぎないよう、胸元はカバーすることが大切です。

カジュアルエレガンスのドレスコードのコーディネート例

男性の場合、カジュアルエレガンスは「ジャケット着用の上品カジュアル」であるということ。ダーク系のカラーにとらわれず、明るめのカラーで上品にまとめている方が多いです。もしクリスマスなどのイベント時でしたら、ワンポイントにレッド・グリーンを使ってみるのも良いですね。

また、カジュアルエレガンスの場合には、靴にも気を使いたいものですね。絶対にNGなのは、ビーチサンダルなどのようなカジュアルすぎるサンダル。つま先が出ている “オープントー” のサンダルはNGという場合もありますが、最近ではお洒落でドレッシーなサンダルでも、スタイルによってはつま先が出ている場合もあるので、ケースバイケースと言えるでしょう。

カジュアルエレガンスの場合には、特にアクセサリーなどには気を使う必要はありません。しかし、あまり派手になりすぎるようなアクセサリーや、アクセサリーのつけすぎには気をつけたほうが良いかもしれませんね上品に、エレガントに。ジーパンや短パンしか持っていない!という人以外には、持っている普段着の中からドレッシーな組み合わせで着こなす事ができるので、カジュアルエレガンスはあまり緊張しないドレスコードといえるでしょう。